着付け、はじめました!

着物のお洒落を応援します。

着物でお出かけ〜山種美術館

梅雨が明けた快晴の日に、広尾にある山種美術館に行って来ました。

速水御舟」の企画展です。

f:id:kimono-kojima:20190815175538j:plain f:id:kimono-kojima:20190815175614j:plain

リーフレットの「炎舞」は、重要文化財に指定された近代日本画を代表する作品。

まるで炎が浮かび上がっているかのように描かれた、ぼかしのテクニックは秀逸。

そこに集まる蛾たちは細部まで精緻に描かれていました。

 

でも個人的な好みは、紅梅・白梅の掛け軸と紫陽花の屏風絵かなぁ。

紫陽花は、ひび割れのテクニックに挑戦しているんですって。

f:id:kimono-kojima:20190815182041j:plain

そして何より一番印象に残ったのは、御舟の生き様です。

名を馳せても、そこに留まらず、技術も対象物も次々に新しいものに挑戦し続ける、その姿が作品を通して見えてきました。

素敵な人だなぁ。

私も(そんな大それた事はできないけれど)

私なりに、ずっと挑戦を続ける人でありたいなと思いました。

 

着物コーディネート〜7月・まだまだ続く梅雨

今年の梅雨はいつまで続くんでしょう?

もうすぐ7月も終わりというのに。

きょうも最高気温は30℃くらいの予想ではありますが、

昨年7月はすでに猛暑だったので、ちょっと拍子抜けした感じです。

 

きょうも湿度が高めなので「麻」の小千谷縮みをチョイス。

梅雨〜夏は出番が多いです。

帯は、紗の八寸名古屋帯。この抽象的な花柄が気に入ってます。

小物の色は、着物に合わせて、白&パープル系にしました。

f:id:kimono-kojima:20190815172130j:plain

ちょっと手ぶれ気味。失礼しました。

 

着物コーディネート〜7月・まだ梅雨中

今年は長梅雨ですねぇ。

朝は雨が降っていたものの、午後からは30℃近くなる予想。

蒸し暑そうだな〜という日は「麻」の着物の出番です。

「麻」は、風通しも良く涼しいし、洗ってもすぐ乾くし、アイロンも不要。

日本の夏には欠かせない素材です。

 

 こちらの染め柄は「麻の葉」。ダジャレでのようですが(笑)

日本の伝統的な柄のひとつです。

f:id:kimono-kojima:20190815155520j:plain

帯は、紗の八寸名古屋帯(博多帯)で、透けてて涼しいです。

帯締め帯揚げの色は、帯のポイントカラーに合わせました。

帯留めはガラス製。夏とガラスは相性がいいかなぁと思います。

 

夏のフラワーアレンジメント

7月のテーマは「夏」。

空の青、海の青。ひまわりの黄色。

 

青は寒色系で、クールな印象ですが、

黄色や黄緑と組み合わせると、アクティブな印象になりますね。

f:id:kimono-kojima:20190815163106j:plain

花器にもひと工夫が。

上から見ると、ネイビーのウッド系に見えますが、

実は、そこにガラスの花器が仕込まれていて涼やかさも演出されています。

f:id:kimono-kojima:20190815162652j:plain

横から見ると、こんな感じです♪

 

着物コーディネート〜海の日・夏きもの

きょうは海の日。

...ですが、最高気温は25℃くらいの曇り空でした。

梅雨明けが待ち遠しいなぁ...と思いつつ、夏のコーディネートで出かけました。

着物は夏大島。

色は黒っぽいのですが、薄く透け感があるので、涼しげに見えます。

帯は紗の八寸名古屋帯です。

色々な色の糸で、ざっくり織られた夏帯です。

f:id:kimono-kojima:20190815153721j:plain

大島は「泥染め」した糸を使った織物なので、

帯締めも「泥」のイメージの、渋めな三分紐+帯留めにしました。

そして、帯揚げはあえてスッキリ系に。

帯揚げはホンの少ししか見えませんが、このスッキリ感が現代的な印象にしてくれると思います。